3年連続・・凹○

 一昨年から「長崎=凶悪少年犯罪」と言うレッテルが貼られつつある。
正直、たまたまだと思っていたが・・。 また起きるとはね。。

 今回は命は助かったからいいようなものの、兄妹間ってのがいたたまれない。
3年続いたのは今でも偶然だとは思うが学校関係者は辛いだろう。

 正直、猟奇的な少年犯罪については教育委員会にしろ、学校にしろ、根本的に防ぐことなんか不可能だ。
「社会が悪い」とか言う意見もあるけど、どんな社会であれ犯罪に走らない子が圧倒的に多いのだからね。

 結局本人の問題だよ。 

 だた、いじめなどに関しては学校がかなりの割合で責任があると思う。
そもそも、せまい教室で起こることなんだからね。絶対担任は気付いてる。
面倒くさい(怖い)から黙認してるだけ。ほとんどの事例はそうだろう。
だいだい気付かなかったら教師なんてやっちゃ駄目。

 そういや、俺は基本的に教師ってウマが合わなかったなぁ・・--;
中学の時の一部の先生と高校の時の先生は好きやったけど^^;
小学校の時はどの先生も嫌いだったなぁ。。 毎日のように叩かれてたなぁ。。
いまにして思うと不思議だ・・・・。多分、俺が怒られるようなことしてたんだろう。。。--;

予備校の講師は皆好きだった。 そう、それだ!!

 予備校の講師達は皆、「話が面白かった」これにつきた。
みな、他の職を転々として、最終的に予備校の講師になった人間ばっかりだったせいか、
バラエティに飛んだ人生経験を話してくれて、それが当時の自分には(おそらく大多数の生徒も)刺激的だった。自分が知らない世界の話を沢山してくれた。
 
 また、予備校の講師って、(全部が全部ではモチロンないが)挫折の結果、今の職に流れたって人が多い。大学教授になりそこねたとか、会社が倒産したとかね。
 つまり、大学受験で挫折した生徒達と同じ目線に立てる人が多い。
ともかく話の一つ一つが琴線に触れた。 「また受験にコケたらどうしよー!」と言う不安はあったが、講義を聞くのが楽しみでもあった。
 また、当然だが受験のプロだけあって、教え方も上手かった。まぁ、こっちも真剣に勉強したってのもあっただろうが、義務教育時代に苦手だった教科がチャンと分かるようになったのだからさすがプロだ、と感心したものだ。

 結局なにが言いたいかと言うと、「学校の先生達はプロ意識を持つべき」だ。
同時に子供達に刺激をあたえる(未来が開けるような)話をたくさんしてあげて欲しい。
「潜在的に先の未来に希望を持てない子供」が増えてるんじゃないかって、思う。
凶悪犯罪に走る子供が増加する原因の一つじゃなかろうかと思っている。。

 ちと、話がズレるんけど、野村元阪神監督のコメントをご紹介^^
「監督は選手を「納得」させないといけない。「説得」してるうちは駄目」

 深いと思わない?^^ 
「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」
と並んで感銘を受けたノムさん語録です☆
 「不思議」を「偶然」に置き換えると分かりやすいね♪
[PR]
by rainbow-taiyou | 2005-07-01 21:18 | 徒然


<< 本当に何気に☆ 外のお供☆ >>