<   2005年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

徒然に・・。

 ロッテ強かったね~~^^; まぁ、阪神には「日程が開きすぎた」とか「村上ファンド問題で
シリーズ中に掻き回された」とか不利な問題があったから可哀相な面もあったけどね。

 ロッテのしても「所詮ペナント2位のチーム」とのレッテルを貼られる面もある。
 結局はパ・リーグはプレーオフ制度を考え直すべきだろうね。かえってプロ野球ファン減ることになるから。

 もう10月も終わるね~。 明日から新しい一週間! みんな頑張ろう!☆
[PR]
by rainbow-taiyou | 2005-10-30 22:32 | 徒然

にじ@hisa、阪神優勝を大いに語る^^;

少し古い話になるけど、先月の29日に阪神タイガースがリーグ優勝を果たした。
今シーズンは予想通り中日とのマッチレースになったが、9月7日の大激戦(疑惑の判定の連続→温厚な岡田監督激怒→ピンチの久保田に気合注入!「打たれい!こんな試合負けてもお前のせいやない。思いっきり投げえ!!」→久保田覚醒!!→連続三振でピンチ脱出→その裏に伏兵中村豊のホームランで逆転勝利☆)を境に一気に引き離し、その後は圧倒的な強さで逃げ切った。
 今シーズンの阪神の強さを、にじ@hisa的に分析してみると・・。
直接的には、星野監督時代の大量の人員整理、それに伴い補強した、金本・下柳・野口・中村、とくに金本・下柳が投打の軸として完璧に機能したってことだろうね^^

加えて岡田監督の手腕が2年目にして開花し、実を結んだこと。例を挙げれば、二軍監督時代に育てた選手(今岡・井川・濱中・藤本・藤川・福原)・岡田監督が直接指示して獲得した外国人(シーツ・スペンサー)・ここ最近のドラフト獲得選手(能見・橋本・安藤・久保田)の活躍などだ。さらに特筆すべきは、前回優勝した星野時代のオーダーをガラッと変えて(一番赤星、五番今岡、JFKなど)岡田監督が目指した野球が形になったこと。

特に個人的にこれまでリーディングヒッター(高打率・高出塁を目指す打者)的役割だった今岡をポイントゲッターである5番(4番打者が敬遠されるケースが多い場合には実質的な点取り屋になる)に据え、それが大成功(歴代5位の打点王)だったこと。これは岡田監督の選手を見る目の確かさを裏付けている。歴代の打点王中、得点圏打率が1位なわけだから文句なし、史上最強の5番打者と言っても言い過ぎではない。

最も、4番の金本の存在なしには今岡の偉業は有り得なかった。自身、最多ホームラン数を放ちつつも、「つなぐ4番」でもあったことが勝負強い今岡の特性を開花させたってわけだ。
もうひとつ加えるなら、怪我人が出なかった事かな^^ 去年はキンケードがデットボールでいきなり負傷して退団したり、伊良部が序盤で離脱(その後引退)、近鉄から獲得した前川が3連続KOでローテーションから脱落したりと踏んだり蹴ったりだったからね^^;

 さて、後は、「忘れ物を取りに行く」(岡田監督)だけとなったタイガース。
となれば相手は当然ソフトバンクが望ましいわけだけど、どうなるかな^^
残りは日本シリーズのみ! 選手もファンも野球を楽しみましょう!^^
[PR]
by rainbow-taiyou | 2005-10-11 21:16 | 野球